自信の有無で人生は180度違う!

自分に自信があるかどうか。

これが人生を大きく分けます。

能力があるかどうかではありません。

自分に自信を持てるかどうか。
自分の存在をプラスに捉えられるかどうか。

能力ならいつからだって伸ばすことができるし、
人間はそもそもとても優秀な生き物です。

ただ、自分に自信がないと、
せっかくある能力も、誰にも負けないあなたの魅力も、
発揮できずに隠れてしまいます。

そして自信が持てないと、どんなに恵まれた境遇でも「幸せ」を感じられません。
自分をマイナスに捉えてたら、自分に起こることもすべてマイナスに捉えてしまうから。

もし自分に自信が持てなくなったら、
自信のない自分を責めるのではなく、なんで自信がないのか考えてみて。

そして自信を取り戻せるようになるために必死になって欲しい。

幸せに生きるためにはどうしても自信が必要だから。

自信とは、‟自分を信頼できる”ということ。自分自身に感じる安心感のようなものです。

心理コンサルティングサービスの 概要 お申し込みはこちら◇